醜状障害について

内観30043.jpg  
交通事故で負傷した場合,傷跡,やけど,手術痕などが残ってしまい,醜状(しゅうじょう)と呼ばれる後遺障害になることがあります。
 
ちなみに,従前の後遺障害等級認定の基準では,たとえ同じ場所に傷跡が残っていても,被害者の性別が男性か女性かによって後遺障害の等級に差が設けられていました。
しかし,2010年に京都地裁で性別の違いによって後遺障害等級に差異が設けられることは,男女平等を定めた憲法に違反するという判決が出され,その後,醜状障害における男女の性別差による等級認定差はなくなりました。

醜状障害に関する現在の自賠責保険上の認定基準は,以下のとおりです。
 

醜状障害の認定基準

等級 認定基準
7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの
9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの
12級14号 外貌に醜状を残すもの
14級4号・5号 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの(4号)
下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの(5号)

「外貌」とは,頭部,顔面部,頚部のように,腕や足以外の日常露出する部分をいいます。
「著しい醜状」とは,①頭部については,手のひら大以上の瘢痕又は頭蓋骨の手のひら大以上の欠損をいい,②顔面部については,鶏卵大面以上の瘢痕又は10円銅貨大以上の組織陥凹をいい,③頚部については,手のひら大以上の瘢痕のことをいいます。
※注:手のひら大とは,指の部分は含みません。
 

皆様のお悩みに親身に対応致します。些細なお悩みでもお気軽にご相談下さい。 法律相談のご予約はこちら

●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介
●ご相談の流れ ●アクセス ●弁護士費用


 

〒780-0870 高知県高知市本町2丁目2番27号 CMJ高知ビル5階 TEL:088-879-0217 平日:(月~金)09:00~12:00 13:00~18:30
初めての方でも安心してご相談いただける地元高知市の法律事務所です。 
Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.