手の後遺障害について

内観20042.jpg  
交通事故によって手に外傷を負い,後遺障害が残ってしまう場合があります。
 
手の後遺障害としては,例えば,手指の欠損,手指の機能障害が挙げられます。
このうち,手指の欠損について,「手指を失った」に該当するのは,親指では指節間関節よりも先の部分を,それ以外の指では近位指節間関節よりも先の部分を失った場合です。
 
手指の後遺障害について,自賠責保険上の認定基準は以下のとおりです。
 

①手指の欠損

等級 認定基準
3級5号 両手の手指の全部を失ったもの
6級8号 1手の5の手指又は母指を含み4の手指を失ったもの
7級6号 1手の母指を含み3の手指又は母指以外の4の手指を失ったもの
8級3号 1手の母指を含み2の手指又は母指以外の3の手指を失ったもの
9級12号 1手の母指又は母指以外の2の手指を失ったもの
11級8号 1手の示指,中指又は環指を失ったもの
12級9号 1手の小指を失ったもの
13級7号 1手の母指の指骨の一部を失ったもの
14級6号 1手の母指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
 

②手指の機能障害

等級 認定基準
4級6号 両手の手指の全部の用を廃したもの
7級7号 1手の5の手指又は母指を含み4の手指の用を廃したもの
8級4号 1手の母指を含み3の手指又は母指以外の4の手指の用を廃したもの
9級13号 1手の母指を含み2の手指又は母指以外の3の手指の用を廃したもの
10級7号 1手の母指又は母指以外の2の手指の用を廃したもの
12級10号 1手の示指,中指又は環指の用を廃したもの
13級6号 1手の小指の用を廃したもの
14級7号 1手の母指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
 
なお,手の後遺障害についても,上肢の後遺障害の場合と同様に,可動域の測定には注意が必要です。可動域測定が適切に行われなかった結果,本来認定されるべき機能障害としての後遺障害が認定されないなどという事態が生じないよう,測定は慎重に実施されなければなりません。
 

皆様のお悩みに親身に対応致します。些細なお悩みでもお気軽にご相談下さい。 法律相談のご予約はこちら

●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介
●ご相談の流れ ●アクセス ●弁護士費用


 

〒780-0870 高知県高知市本町2丁目2番27号 CMJ高知ビル5階 TEL:088-879-0217 平日:(月~金)09:00~12:00 13:00~18:30
初めての方でも安心してご相談いただける地元高知市の法律事務所です。 
Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.