上肢(肩,腕)の後遺障害

内観10041.jpg  
交通事故では肩や腕に強い衝撃が加わることが多く,肩や腕に後遺障害を負われてしまう方も少なくありません。
 
上肢の後遺障害の認定基準は以下の通りです。

上肢の後遺障害の認定基準

①上肢の欠損障害

等級 認定基準
1級3号 両上肢をひじ関節以上で失ったもの
2級3号 両上肢を手関節以上で失ったもの
4級4号 1上肢をひじ関節以上で失ったもの
5級4号 1上肢を手関節以上で失ったもの

②上肢の機能障害

等級 認定基準
1級4号 両上肢の用を全廃したもの
5級6号 1上肢の用の全廃したもの
6級6号 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
8級6号 1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
10級10号 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
12級6号 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

③変形障害

等級 認定基準
7級9号 1上肢に偽関節を残し,著しい運動障害を残すもの
8級8号 1上肢に偽関節を残すもの
12級8号  長管骨に変形を残すもの

なお,上肢の後遺障害のうち,特に関節機能障害においては,可動域の測定を適切に行ってもらうことが非常に重要になってきます。測定の仕方を間違ったがために,後遺障害の程度が過小評価されるようなことがあってはなりません。
 

皆様のお悩みに親身に対応致します。些細なお悩みでもお気軽にご相談下さい。 法律相談のご予約はこちら

●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介
●ご相談の流れ ●アクセス ●弁護士費用


 

〒780-0870 高知県高知市本町2丁目2番27号 CMJ高知ビル5階 TEL:088-879-0217 平日:(月~金)09:00~12:00 13:00~18:30
初めての方でも安心してご相談いただける地元高知市の法律事務所です。 
Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.