賠償金計算のおける3つの基準

相談風景2_ (1).jpgのサムネール画像   交通事故の損害賠償額を決定するには,①自賠責基準②任意保険基準③裁判基準の3つの基準があります。この3つの基準のうち,どの基準を用いて損害賠償額を決定するかによって,賠償金額が大幅に異なってきます。
ここでは,この3つの基準の違いについてご説明いたします。適正な賠償金を受け取るためにも,この3つの基準の違いについてしっかりと理解しておきましょう。
 

①自賠責基準

自賠責保険は,誰もが車を所有する際に加入しなければならない保険です。自賠責保険は,人身事故のみが適用対象です。

 

自賠責保険は,交通事故の被害者を広く救済することを目的として,国が最低限度の補償を与える保険であるため,任意保険基準や裁判基準と比較すると,賠償額は最も低くなるのが通常です。

 

もっとも,自賠責保険は,被害者救済を目的とする保険であるため,被害者に重大な過失がない限り過失相殺が行われません(※被害者の過失割合が7割未満であれば過失相殺は行われません。)。そのため,被害者側の過失がある程度大きい事案では,過失相殺部分を考慮すると,自賠責保険から賠償金の支払を受けるにとどめておいた方が,結果的に獲得総額が高額になるということも考えられます。
 

②任意保険基準

任意保険は自賠責保険と異なり,任意で加入する保険になります。任意保険の場合は,自賠責保険で対象にならない物損事故も補償の対象になります。

 

任意保険は,自賠責保険でカバーすることができない損害を補填することを目的とした保険であるため,任意保険基準で損害賠償額を計算すると,自賠責基準で算出した損害賠償金額よりは高額になるといわれています。

 

なお,任意保険基準の具体的内容は一般には公開されていませんが,どの保険会社も概ね横並びの基準に則っているといわれています。
 

③裁判基準

裁判基準は,まさに裁判所が用いている基準になります。裁判所の基準を使って損害賠償額を算出すると,ほとんどの場合において,自賠責基準,任意保険基準よりも高額の損害賠償額となります。交通事故被害者の損失を最も適正に評価した基準ということができます。
 
3つの基準の比較
自賠責基準 < 任意保険基準 < 裁判基準
 
ほとんどの場合において,保険会社から提示される損害賠償額は,①自賠責基準,あるいは,②任意保険基準を用いて算出したものであり,交通事故被害者が本来受け取るべき適正な損害賠償額よりも低額にとどまります。

 

この点,弁護士が交渉窓口になれば,裁判基準を用いた交渉が可能となります。交通事故で被った損失を適正に評価し補うために,裁判基準での交渉を行えるようにしましょう。
 

皆様のお悩みに親身に対応致します。些細なお悩みでもお気軽にご相談下さい。 法律相談のご予約はこちら

●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介
●ご相談の流れ ●アクセス ●弁護士費用


 

高知市で法律相談のご予約弁護士紹介弁護士費用相談票ダウンロード

高知市の弁護士 中西・髙野法律事務所概要Access対応エリア当事務所の運営サイト中西・髙野法律事務所中西・髙野法律事務所 交通事故サイト

 

対象エリア

高知中央地域

高知市、南国市、香美市、香南市
 

安芸地域

安芸市、安芸郡
 

嶺北地域

長岡郡、本山町、大豊町、土佐郡、土佐町、大川村
 

仁淀川地域

土佐市、吾川郡、いの町、高岡郡、日高村
 

高吾北地域

吾川郡、仁淀川町、高岡郡、佐川町、越知町
 

高幡地域

須崎市、高岡郡、中土佐町、四万十町、檮原町、津野町
 

幡多地域

四万十市
〒780-0870 高知県高知市本町2丁目2番27号 CMJ高知ビル5階 TEL:088-879-0217 平日:(月~金)09:00~12:00 13:00~18:30
初めての方でも安心してご相談いただける地元高知市の法律事務所です。 
Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.